« 2017年12月 | トップページ

2018年5月

LEGO minifigures

Img_20180511_125720ここ最近おもちゃを買ってないので、レゴのミニフィグをつまんでみましたよ


中身を選べないで500円て、強気すぎるお値段設定だと思うのは私だけでしょうか?













Img_20180514_084918ザザーンでしたよ わーい

















Img_20180511_130200顔が裏側にも印刷されているので

















Img_20180511_125807こんな風に、違う表情を変えられますよ

















・・とは言え、レゴはにっこりちゃん顔が至高派なので、サクッと交換

Img_20180514_085024これだよ、これ
やっぱり、レゴはにっこりちゃんでないと


















| | コメント (0) | トラックバック (0)

いまさら 特撮合金 大鉄人17

Img_2910♪おおお おぅおお~ おぅおお~ われこそ~は~
♪おぅおお~ おぅおお~ だ~い~てつ~じ~ん~
♪ワンセブ~ン

ということで、アクショントイズの大鉄人17ですよ

角々した造形が昭和ロマンなんでございます(てきとう)









Img_2921♪みよ おおそら~の テツのか~お~♪

カラフルモザイクな石ノ森目が美しいのです

サイボーグステーションCX-1でも言いましたが、カラフルなモザイクがコンピュータの出力インタフェースの象徴だった時代があったのですよ













Img_2936横顔







Img_2928側面

















Img_20171020_212358この肘関節 好き

















Img_2931後ろ姿


















Img_2922ぐらーびとーん








箱です
Img_20171020_211825Img_20171021_151109








Img_20171021_151245こんな感じで入ってましたよ

おじさんのメモリーの宝石箱や~
















Img_2940そして、これだけのプロポーションを実現しながら、要塞ワンセブンに変形するのです

















Img_2945後頭部のデザインはこの要塞時に活きるのでございます

















Img_2946艦橋っぽいもの







Img_2952マニアとは、こういう変形させないと見えない腰の裏の内部まで作りこみされているのを見ると嬉しくなる生き物なんでございます
















Img_2957つま先のハッチを開けて、シグコンタンクとサブマシンを格納可能







Img_2970♪たて要塞ワンセブン
♪すくえるもの~は ほかになし~

かっちりしていていい造形ですね
















Img_2967滑走路にシグコンジェットを載置してにやにやするといいです

















Img_2985おまけのマシン達
小さいのにむっちゃ綺麗に塗り分けられています

今の時代に香港のメーカがここまでできるのなら、バンダイさんももうちょっと頑張れるんじゃねーの?







Img_3006♪とべ飛行ワンセブン
♪世界の終りの 救世主~

「航空力学?ナニそれ、おいしいの?」
と言わんばかりのゴツゴツした塊感が漢らしいのです















せっかくなので、ポピーのDX超合金と並べてみるですよ
Img_20171203_012137

















Img_20171203_012317_2

















Img_20171203_012425


















Img_20171203_011408というか、1977年に販売されたポピーのDX超合金の変形が最新の玩具に遜色ないレベルで変形することに驚愕ですよ








Img_20171203_011552







こうして見ると、1970年代後半に販売されたポピーのDX超合金がいかによくできているのがわかりますよ
そりゃ、ベストセラーにもなるよね

このACTION TOYS
香港のトイメーカーらしいですが、なかなかツボを押さえた上にコストパフォーマンスもよく、あなどれません。

このアクショントイズの大鉄人17と同様のものを今のバンダイが作ると、スネと股関節あたりに申し訳程度にダイキャストパーツを使ったほぼオールプラ製で2万円オーバーになったり、電飾&音声ギミックの余計な付加価値を付けて3万円オーバーで出してきそうな気がするわけですよ。

超合金魂の新製品のラインナップも1980年代以降のキャラにシフトしてきて、おじさん的にはビミョウにストライクゾーンが外れてきた感があるので、これからは海外メーカーのジャパニーズキャラに期待したいところでございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ