« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

いまさら パイロットエース ガイガン

07p1640307パイロットエースの怪獣ダイナマイツ ガイガン(リアルカラー版)ですよ







ほどよいデフォルメ体型
04p164029805p164030206p1640305








20p1640346正面から見ると、ツノ長っ!








620130123_231157とか思ったけど、実際のスーツも相当長かった











18p1640341ガイガンは本当に男前
異論は認めない






16p1640335くちばしは厚め







09p1640314背中の羽

上方へのトンガリ具合が抑え目でイメージ的にはNG版スーツに近いと言えなくもない





ちなみに
[ゴジラ対ガイガン版]
720130123_231215





[NG版]
120130123_231055




39p1640406足の裏にはパイロットエースの文字





10p1640317デフォルメ系とは思えないリアルなシッポ





19p1640344腹部の回転鋸の上から三つ目のあたりに左右からの突起模様の頂点があることからも、ゴジラ対メガロ版ではないことがわかりますね







11p1640320体表は粗め








13p1640327このパイロットエースのガイガンの特徴は、フック状の手が内側に向かって湾曲してるところに尽きると思うんですよ





25p1640362側面から見ると湾曲部分が見えませんね








12p1640323なんという優美な曲線








21p1640350カギ爪が腕が内側に湾曲しているので、両手を上げるとマッチョポーズになりますよ

キレテルキレテル!!






23p1640356動きがあってよかろ?








お気に入りのマーミットのビニパラ怪獣天国ガイガンと比べてみるのです

27p1640368パイロットエース版、でけえ!
そして、足短けえ!







31p1640380こうやって並べてみると、クチバシの解釈にかなりの違いがありますね
パイロットエース版のはオウムとかの嘴に近い感じ

上のスーツの写真と比べると、クチバシ形状はマーミットの方が実際のスーツに近くて、モノアイの表面やツノの付け根の表現等はパイロットエース版の方が近いと言えましょう

28p1640371マーミットの手は前後(上下)方向に湾曲していて、左右方向の湾曲はありません





34p1640392パイロットエースの羽の方が肉厚








32p1640385しかし、マーミットの方が大きくて立派

体表の表面処理は、全体的にパイロットーエースの方が生物感あるね




38p1640404どっちがいいとかじゃなくて、どっちもステキ








パイロットエースのガイガンは、造形的にはいいのに、当時、何故かアンティークソフビ風のカラーリングのものしか販売されませんでしたよ

1che_gai2_btこんなのとか








金銭的にもスペース的にも、いろんなカラバリのを買ってる余裕はないので、そのうちもっと劇中のガイガンに近いカラーリングのが販売されるだろうと待つことにしたんですが、その間になんとパイロットエースさんが会社解散ということになってしまいましたよ

ということで、リアルカラー版は入手できずに残念に思っていたわけですが、最近になってこのリアルカラー版を見つけたんですよ
イベント限定などで販売されたのを私が見逃していたのか、どこかのマニアな人が塗装して手放したのか、実のところよくわかりません

15p1640332いずれにしても、念願のリアルカラーのパイロットエースのガイガンを入手できて、ボクは、今、とても幸せなわけです


本日の数値
 体重【81.6】kg
 体脂肪率【22.9】%


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウルトラエッグ 超絶変形 DXエッグベース

01p1640189ウルトラエッグ 超絶変形 DXエッグベースですよ

ゴモラ風のアタックモードが、いい感じ








11p1640226ゴモラにしちゃあ両ツノの開きがビミョウに狭いけど









02p1640191背中からパカっと開いてベースモード
みんな大好き、基地おもちゃですよ

ミクロマンにぴったりサイズ







04p1640196変身サイボーグ世代なので、内壁の基地っぽいモールドに萌えるんです









07p1640208初回限定でウルトラエッグ・ツインテールが付いてきますよ

きめえ!







09p1640218ちゃんと逆立ちするところがステキ

ウルトラエッグの怪獣は変形に工夫があっていいよね







10p1640220しかも、キャリーモードに変形

オマケのくせに頑張ってる感ありますよ






13p1640235体表の横縞のモールドがビミョウにレッドキングっぽいメカゴモラということで、アークロンのメカゴモラメカレッドキングと一緒に並べてみる

なんか同じ血が流れてる感があるな







16p1640244ついでに、メカ怪獣つながりでジンクロンアンギラスも並べてみる

いいぞいいぞ








21p1640276そして、基地に変形する合金怪獣と言ったらこの人を忘れてはいけない









19p1640267ビバ!メカ怪獣!









このDXエッグベースも合金製だったらなあ・・とか一瞬思ったわけですけど、全高25cmの金属塊なんてうっかり足の上に落っことしたら大惨事になっちゃう上に、そもそも、お子様が持って遊べないよね

デザインこのままでいいので、超合金メカゴモラとか言って、魂ウェブあたりで昔の超合金サイズで出してくれないかな?


本日の数値
 体重【82.4】kg
 体脂肪率【23.5】%
来年から本気出す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いまさら X-PLUS ウラン怪獣「ガボラ」

あけおめ
ことよろ
(まだ松の内だからいいよね?)

01p1610322さて、X-PLUSのソフビ ウラン怪獣「ガボラ」ですよ
2005年の11月に販売されました








P1610355顔コワっ!








03p1620098「ウラン怪獣」なんて名前、このご時勢ではなかなか付けられないよね








04p1610340バラゴン→パゴス→ネロンガ→マグラー→と巡り巡ってきたおなじみのボディー








当時のX-PLUSは怪獣ソフビの可動化路線をひた走ってまして、このガボラも、ヒレ、ひじ、ひざ、手首、足首等に仕込まれた関節で可動するようになってますよ

05p1610610ひれを閉じるだけなのに印象がガラっと変わるところがガボラの醍醐味








06p1610637「1粒で2度おいしい」という奴ですね






07p1610632覗いている目が怖くて、白面の者っぽい






08p1610625しかし、ちょっと可愛く思えたりもする
不思議







09p1620092で、このX-PLUSガボラのナイスなところは、2本足で立っている状態の他に、四つ足状態とを違和感なく再現するためにシッポの角度を変えるパーツが2種付いているところと、更に、ヒレ閉じ状態をより劇中の状態に近づけるための交換用パーツも付いているところ




10p1620083オタクにとっては、こういう偏執的なこだわりって大切よね




11p1620086どう?かっこよかろう?








12p1620076でも、この根元のハラマキみたいなパーツを見てると、某クリニックのとっくりセーターをかぶった包茎手術の広告を思しちゃうんです







こんなの↓
Images




そんな不憫なガボラくんですが、腕を可動させるととたんに可愛くなるんです

14p1620062「ばあ」








15p1620071「おっす!オラ ガボラ」








13p1610328ホント、華のある怪獣すなあ








かわいいので、デコっちゃう!
Gabora_deco_2








・・・やられたね


本日の数値
 体重【81.8】kg
 体脂肪率【23.8】%

今年は本気出す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »