« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

いまさら、プロジェクトカネゴン カネゴンの繭

1p1630475大怪獣シリーズ カネゴンの繭 プロジェクトカネゴン(金田金男KUBRICK付き)ですよ。

X-PLUS/メディコム・トイのコラボ ・セットということで、カネゴン,カネゴンの繭(あめ色半透明成型)とKUBRICK 加根田金男(モノクロ彩色) がセットになってます。

2005年8月に、メディコムトイコレクターズクラブ・1/6計画限定で販売されました。
お値段¥11,340(税込)で、700個販売されたらしい



●胴体部完全新規造形のソフトビニール製フル可動カネゴン!

P1630392お目当てはもちろん、このX-PLUS製のカネゴン

ソフトビニール製でフル可動ですよ







P1630395カネゴンの全高が約20cmなので、胸のカウンターの数字はさすがにつぶれてるね









両サイド
P1630398P1630410









シッポがピコピコ可動するようになっているので、
P1630422P1630425







お座りポーズができちゃう!
P1630413P1630416









お尻をペタンと地面につけて足を前に投げ出した状態で座らせることができるのに、全体の造形として全くスポイルされてないですよ。
P1630401シッポが可動するようになってるのに、後姿に違和感がないところはスゴイぞ

それにしても、後頭部 きめえ!







X-PLUSが、ちょうど可動化で他社との差別化を図ろうとしていた時期の意欲策

当時、個人的には、X-PLUSの可動化路線はいかがなものか?と思ってたけど、このカネゴンに関してだけは可動化成功と言っていいのではないかと

●エクスプラス製作によるアメ色半透明マユ!

P1630445






P1630442パカっと開けて







P1630451カネゴンを入れるんです








P1630457なんだろう?このくつろぎ感







●ここでしか手に入らないKUBRICK加根田金男!

P1630461KUBRICK加根田金男

これは、すごくどうでもいいな







P1630464「誰よ?」
って感じ










「この大怪獣シリーズ カネゴンの繭 プロジェクトカネゴン」の唯一の不満点は、「キューブリックいらね」につきますよ
この商品、メディコムさえ絡まなければあと3000円は安くできたはず

P1630431目を見てると、アヘ顔に見えてきたりして、つくづくスゴイデザインだよね>カネゴン









[2005/09/06に某所にエントリしたものをビミョウに修正して再アップ]

本日の数値
 体重【78.8】kg
 体脂肪率【21.9】%
涼しくなってくると、とたんに脂肪を溜め込もうとするあたり、自然てすごいね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いまさら CCPバニシングフィストガメラ

P1630479CCPのアーティスティックモンスターズコレクションVol.023 ガメラ3ですよ

2006年に500個限定で販売されました。

腰をグッと落として、足を大きく広げて踏ん張ってるポーズがいい感じ
ちょっと高い位置に飾って、見上げ気味にするのが最高なんです




P1630503小顔で白目がなくて、個人的にはG3が一番カッコイイと思うわけです









P1630495カメは甲羅が命









P1630497この甲羅の質感に感動したものです









P1630501しかも、透明パーツで造形された右手のバニシングフィスト内にLEDが内蔵され、右手を叩くと発光するというステキ仕様







G31残念ながら、すっかり電池切れしちゃってて発光しないので昔撮った写真を貼ってみる







P1630489当時は、こんなスゴイのが6000円出しておつりが来たわけで、素晴らしい時代でしたのう








で、CCPさんからは、最近、1/6特撮シリーズ ガメラ3 ハイグレードVer.というのが発売されましたが、写真で見る限りディテールがスゴイことになってるので、実物見たら圧巻なんでしょうねえ

お値段税込18,900円と、お値段もハイグレードなことになってますけど


新旧のG3を並べて飾って見比べたいところだけど、1/6サイズのガメラをもう1個買ったとしても置き場なんかないので、これでマンゾク

まあ、そもそも買うお金もないんですが(泣)


P1630507「かーめーはーめー」

って言ってるぽくね?









本日の数値
 体重【79.0】kg
 体脂肪率【21.1】%

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »