« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

限定版バルタン星人

P16203041984年に販売された、バンダイ 限定版バルタン星人ですよ

高さ約36cmの大きめサイズの硬質ソフビ製

原材料費を極限までケチった、近頃の薄っぺらな怪獣ソフビとは次元の異なる肉厚っぷりで、ズッシリ重いですよ

ちょっとやそっとじゃ変形しない安心の肉厚感は、ちょっと気温が上がったぐらいで自立できなくなる近頃のへにゃチン怪獣ソフビなんて目じゃないです



P1620289P1620286P1620284









造形的には、ずんぐりむっくりしていて、特に下半身がムッチムチ
全体的に扁平でぞんざいな感じ

しかも、なんかビミョウに傾いてるし・・・


P1620268この子供がマジックで塗ったかのような頭部のスリットの黒ラインが、れっきとした製品仕様だとマイミクさんに教えてもらったときには驚いたのなんのって







P1620274足元のぞんざい具合が、なんかカワイイ






P1620292イマドキのガレキレベルのソフビで肥えちゃった目で見ると、結構ツライものがあるけど、ポジティブな目で見れば「味がある」と言えなくもない。

まあ、28年前の玩具メーカーの怪獣ソフビっていったら、こんなもんなのかもしれません






Baltan_box「限定版バルタン星人」と書かれたシンプル極まりない段ボール箱に入れて発売されていたようですが、販売数が限定されてたのか?、販売方法が限定だったのか?、はたまた販売期間が限定されてたのか?・・・どういう意味での「限定」だったのか、ビミョウに気になったりならなかったり








[2006/11/01に某所にエントリしたものをビミョウに修正して再アップ]


本日の数値
 体重【76.6】kg
 体脂肪率【20.1】%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いまさら 超合金魂 大空魔竜(リペイントバージョン)

P1610724超合金魂 GX-05R大空魔竜(リペイントバージョン)ですよ






P16107272001年4月にノーマルバージョンの「超合金魂 GX-05大空魔竜」というのが発売され、10,805円という定価に躊躇していたところ、「関節が弱くてその自重に耐えられない」とか「塗装が剥がれまくり」とかいう酷評をネットで目にして、購買欲がすっかり萎えちゃいましたよ。
で、その後、「重厚感を増した塗装」に塗りなおしたリペイントバージョンというのが2004年3月に発売されたわけです。




P1610734このリペイントバージョン、単なるリペイントではなく、ノーマルバージョンで酷評されていた部分が改良されてたわけです。

ステキ!ビバ!貧乏!
っつーか、そんなことなら最初からちゃんとしとけ!



P1610746エッジやらトゲやらビンビンに立まくってて、質感ぱねえっす






P1610808大空魔竜ヘッドと同スケールのガイキングも付いてるよ









P1610770初期型とか強化型とか超兵器ヘッドとか、いろいろと換装できるんだけど、そこは大好きな強化型一択で









P1610826P1610823P1610820









手足の太さがハンパネエです

ガイキングの強化型の足を見る度に、ブルーザ・ブロディを思い出しますよ
ガキの頃、全日の試合を観にいって、チェーン振り回したブロディに追っかけ回されたのはいい思い出

このガイキング、これでも改良されてるらしいけど、保持力があまり強くないのでブンドドして遊ぶのはちょっとお勧めできない
あくまで観賞用すな

P1610781なんちゃらカッターとか、なんちゃらホーンとか、なんちゃらドリルとか、えらい凶悪な武器がこれでもかと言わんばかりに付いてますが、この歳になるとそんな武器をガシガシ付け替えるとかメンドくさいだけなので、「再現できる」ってだけでいいや

もう、「重い」、「硬い」、「冷たい」、「リアル」とこれだけ揃えばすっかりマンゾクだったりするわけですよ

P1610748どことなく、三遊亭円丈師匠似








本日の数値
 体重【77.0】kg
 体脂肪率【19.8】%


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »