« いまさら スーパーミクロマン M213キム | トップページ | いまさら ゴジラTOY博物館 »

王を名乗るもの

P1300084ポピーの超合金 キングジョーですよ

黒ブルマに黄色パーツをアレンジして、更に、「KINGJOE」と「KJ」のシールによるマーキングを施したこの腰部パーツが、良くも悪くもこのポピーの超合金キングジョーのポイントだと思っております



P1300057腰部円盤部を銀色にするだけで、キングジョーの造形の再現度はかなり高くなると思うわけですが、なんでこんな中途半端なカラーリングにしたのか、すげー不思議

まあ、当時のオモチャにはこういうのがいっぱいあったわけで、こういうオリジナルなカラーリングも味と言えば味



頭部&腕パーツには合金が使われていないせいで、ズッシリ感が気持ち少なめなのが、ちと残念

P1250722頭部メッキのハゲ具合は、セブンとの激闘の証

・・・と、自分に納得させてます(泣)





P1250701超合金でお約束のロケットパンチも、もちろん発射可能

正確には、パンチ(グー)じゃなくて平手だけど






P1300027背中はアークロンのキングジョーと同様に、ミサイル状のパーツを並べて配置することにより再現してます








P1300043ちなみに、この黄色いミサイル状のパーツは、ロケットパンチ手の代わりに両手の先に装着して発射できちゃったりしますよ

こういう心配りが、無駄がなくていいよね





P1300051で、外した両手パーツは背中に装着可能

カッコイイかどうかは、この際、気にしてはいけない






P1300034可動は、これぐらいが精一杯

「ヒットエンドラ~ン!
とっなりのはったけにビルが建つっ!」

ってやってた女芸人、いつの間にか見なくなりましたね




P1300040脚の付け根と足首が前後方向にちょっとだけ動きます

ヒザは曲がらないけど、その分、足首がビミョウに可動するので、当時の玩具としては充分なんではないかと

元々、大胆なポーズが似合うロボではないし




P1260433しかも、この超合金キングジョー

普通に可動するだけじゃなく、分離合体できちゃうわけですよ

腕をビミョウに寄せられるようになってるあたり、それなりに頑張ってると言えるのではないかと

残念ながら下半身はそのまんま
さすがに超合金魂のようにはいきません


ちなみに、腰部の円盤にアンテナが付くんだと思うけど、欠品してましたの(泣)

P1250948一部の好事家の間で有名な、表の方が地味な箱

こっちが表で






P1250951こっちが裏

表側、渋すぎ





パッケージに商品の写真が無いんだけど、買ってもらってから、
「ホントのキングジョーは、こんな鉄腕アトムみたいなブルマ、はいてないもん!」
とか泣いた子供はいなかったんだろうか?

P1250843分離合体するキングジョーだけでこんなんなっちゃって・・・





[2008/05/22に某所にエントリしたものをビミョウに修正して再アップ]

本日の数値
 体重【81.4】kg
 体脂肪率【23.2】%

|

« いまさら スーパーミクロマン M213キム | トップページ | いまさら ゴジラTOY博物館 »

forget me not」カテゴリの記事

おもちゃ」カテゴリの記事

合金玩具」カテゴリの記事

怪獣」カテゴリの記事

超合金」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523566/53812317

この記事へのトラックバック一覧です: 王を名乗るもの:

« いまさら スーパーミクロマン M213キム | トップページ | いまさら ゴジラTOY博物館 »