« がっし~ん がっし~ん | トップページ | ブルマアク ノコギリン(その2) »

ブルマァク ノコギリン

P1220178ガキの頃にはたくさんの怪獣ソフビを買ってもらったらしいんだけど、不思議と、どんな怪獣のソフビを持っていたか、ほとんど記憶がなかったりしますよ

そんな中でよく覚えているのが、帰ってきたウルトラマンに登場した昆虫怪獣ノコギリン
MATのスペースレーザーガンのエネルギーを吸収して巨大化した虫んこ怪獣ですよ

このノコギリン
ウルトラマンに登場した名怪獣アントラーと比べられて低い評価を受けがちな不憫な奴であり、実際、アントラーに比べて特筆すべきところも少ないマイナー怪獣ではあるんですが、私にとっては、べらぼうなプレミアがついてるメジャー怪獣のソフビなんぞ足元にも及ばない価値があったりするのです

P1220221思い出=プライスレス

っつーことで、ついに入手した念願のノコギリン

このズングリムックリとした体型がたまらんのです
アントラーのようなカッコよさはないけど、アントラーにはない泥臭さがあるぞと



P1220208ちなみに、ソフビマニア的には、この逆テーパーのツノが抜けてるのがポイントらしいです






P1220212おそらく、内股っぽく錯覚させる足のせいで、妙にプリティな後姿

左右で間違ってついてるのかと思ったけど、これはこれで正しいらしい




P1220240足のかかと側ってこんなんだっけ?





P1220251足の裏のぞんざいな「ノコギリン」の文字

当時のソフビはみんなこんなんでした



P1220200お世辞にもカッコイイとはいえず、しかもカワイイとも言えない、ぬぼーっとしたお顔





P1220197カラーリングから造型まで、劇中のものにムリして似せようとしていない力の抜けっぷりが味すなあ

当時は、メーカー側もユーザー側も、たかがガキのオモチャにイチイチ目くじら立てるようなことはなかった、そんな余裕のある時代だったのかもしれません



こいつを手にとると、当時住んでいたボロ家の茶の間の様子がまぶたの裏にはっきりと浮かびますよ

 茶の間に置いてあった火鉢とか
 その火鉢の横に座ってたばあちゃんとか
 じゅうたんの柄とか
 押入れのすみに作った秘密基地とか
 ・・・

こんな幸せな気持ちにさせてくれるお金の使い途はそうないんじゃね?と思うわけですが、言っても嫁には決してわかって貰えないので、購入価格は死んでもナイショ

幸せのオモチャを買うのと、例えば、風俗で使っちゃったり、パチンコですっちゃったりするのと、どっちが有意義か、考えるまでもないのにねえ?

[2007/11/16に某所にエントリ済みのものをビミョウに修正して再アップ]


本日の数値
 体重【80.0】kg
 体脂肪率【22.8】%

|

« がっし~ん がっし~ん | トップページ | ブルマアク ノコギリン(その2) »

forget me not」カテゴリの記事

おもちゃ」カテゴリの記事

ソフビ」カテゴリの記事

怪獣」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523566/53030204

この記事へのトラックバック一覧です: ブルマァク ノコギリン:

« がっし~ん がっし~ん | トップページ | ブルマアク ノコギリン(その2) »