« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

匠 メカゴジラ

P1570792マルサン友の会限定の匠メカゴジラですよ

確か、全て手塗りで、仕上げに一点ものと同じ手間をかけたとかいうのがウリだったはず

匠の塗装技術で金属光沢(というか油膜?)が見事に表現されてます



三面
P1570828P1570804P1570801







そっくり返った側面が、いい感じ

P15708071974年版の証、腕のMGマーク








P1570813同じく1974年版の証、重厚感溢れる胸部








P1570815よく見ると、ウェザリングで塗装ハゲ表現もされてますよ

さすが匠仕様






P1570786







P1570819豚鼻なのに男前! 不思議!

目のゴールドは緑青が吹いてたので、ガンダムマーカーでリタッチしてみました



P1570810この寸詰まり感が、怪獣ソフビの味なのだ







P1570825可動はこんな感じ

手首が回転しないのが惜しいね





P1570789この重厚感ときたら!

言われないとソフビだと気付かなくない?







それにしても、メタボリックな体型なのにカッコイイというのは、ちょっと同じ昭和の男として見習わないといかんな


本日の数値
 体重【78.0】kg
 体脂肪率【21.6】%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新世紀合金 パワーローダー

P1260994アオシマ/ミラクルハウス 新世紀合金のパワーローダーですよ







P1270011さすが「新世紀合金」というだけあって、合金比率も高め

ズッシリ感とひんやり感がたまらんすな




もちろん、ホットトイズ版の方が出来がいいのはわかってるけど、1/6サイズなんて飾る場所ないもの(泣)

P1270007でも、このパワーローダー

思っていたよりもズッシリ重いわ、可動箇所は多いわ、関節にラチェットが入っているので動かしてて気持ちいいわ、シリンダーは連動して伸縮するわで、玩具としてはかなりいい線いってます





P1270016この限定版は汚し塗装もされているので、ノーマル版に比べてプラスチッキー具合が軽減されているのではないかと思ってみたり

まあ、ノーマル版をこの目で見てないから、あくまで想像にすぎないんですけどw




P1270004背面のケーブルの配線がちょっと面倒だけど、販売価格の低減のためには致し方あるまい









問題は、・・・・・

P1270127リ、リプリー・・・・?







P1270092こっちから見ると、どう見てもオッサンですが





P1270133角度によっては、女の人に見えなくもない

ただし、頑張っていくら女の人に見えたとしても、これがシガニーウィーバーに見える人はそう多くないのではないかと思う



P1270105エイリアンスタンパーを履いているからリプリーなんだと、そういうことですね

シガニーウィーバーに何か恨みでもあんのか?と聞きたくなるようなこの仕打ち

エイリアンからエイリアン2にかけてのシガニーウィーバーの劣化っぷりへの面当てとか?


ジョジョ4部の小林 玉美かウラシマンのジダンダか?みたいなリプリーにただ絶望しててもしょうがないので、手近なところで代わりにパワーローダーに乗せられそうなものを探してみた

P1270041シートベルトは無理だけど、なんとか搭乗可

俺、搭乗!






P1270151戦いの相手は、イマジンではなく、当然、エイリアン

ゆるソフビってば、サイズ的にぴったし



P1270194でも、そこはクイーンでないと・・・




P1270230この限定版には、アンドロイドな人もついてますが、これまた泥人形っぷりに封を切る気にすらならないという・・・




つまるところ、いくら造形のプロであっても「人間の顔に似せて造るのは至難の業」だということをアオシマは身をもって教えてくれていると、そういうことなのかもしれませんね


このパワーローダー、今は亡き立川の某ショップで4980円で投げ売られていたものを確保したわけですが、定価が17640円なので、なんと7割引き!
リプリーやビショップの出来はアレですが、パワーローダー自体の出来は悪くなくて、そんな大胆に叩き売られるような品質のものではないと思います

定価の設定方法が間違っていたのではないかと・・・

まあ、おまけの出来はどうあれ、パワーローダーの方はかなりカッコよくて遊べる素敵な玩具でありますので、安売りしているのを見かけたら是非!

[2008/03/21にエントリ済みのものをビミョウに修正して再アップ]

本日の数値
体重【78.2】kg
体脂肪率【21.3】%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CCP プリズ魔VS新マン対決セット

PrizumafrontCCPの「佐竹雅昭怪獣コレクション プリズ魔VS新マン対決セット(再販版)」ですよ
2007年7月に購入

蓄光素材が涼しげで、これからの季節にピッタリ





Prizumabox豪華な箱入り

箱には「残酷!光怪獣プリズ魔」の文字

だけど、何が『残酷』だったんだか、ストーリをちっとも覚えていない私・・・



Prizumalight中央部分のポッチを押すと、このポッチ部分が赤、青、黄、オレンジの4色で点滅

しかも、このプリズ魔ってば、この押しボタン式のLEDの他に、CCPおなじみの振動センサ付きLEDも仕込まれているので、叩くと全体的に白く光りますよ

これがまた、よく光ること!
coolな白色LEDの色合いが「涼しげさ」を更にアップ

Prizumaback裏側





Prizumaman同封の新マンと

スーツのシワの再現や汚し塗装は見事
ただし、戦闘ポーズとしてはちょっと地味目





P1140434ちょっと目、キーボード?をたたいてるミュージシャンに見えなくもない





Prizumavs1
ということで、ウルトラ超合金の新マンと取り替えてみる





Prizumavs2サイズ的にそれほど違和感ないね








あまりにいい感じで光るので、電池を取り外して、コンセントで常時点灯するように改造して、照明機器として使用したいぐらい

マジでプリズ魔型のインテリアライトを出して欲しい!マジで!


このプリズ魔さえあれば、家庭内別居だってへっちゃら!
一人寝だってさびしくないぞ!

現在も自分の部屋で寝る時用のベッドサイドライトとして活躍中
4年経った今でも、振動でちゃんと光ってます

[2007/07/02 にエントリ済みのものをビミョウに修正して再アップ]

本日の数値
 体重【77.4】kg
 体脂肪率【23.1】%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正義のUFO ブルーシルバー号

P1560246シンセイのユーフォーコマンダーセブンシリーズ ブルーシルバー号ですよ

ビミョウな曲面がちょっといい感じ




P1560243「正義のUFO」って何だ?







P1560252ミサイル発射!

モーメントとか空気抵抗とか一切考えてないあたりに、地球上の物法則にとらわれない宇宙人のオーバーテクノロジーが感じられます



P1560279リヤビューもビミョウにカッコイイ!





P1560276タコ足生やしてもカッコイイかも





Img_0002カラーマンガが出てきたので、ちょっぴり更新(2011/06/18)

第1話だ





Img_0003こっちのグレーっぽい色の方がカッコよくね?






Imgそして、敵のドラゴール円盤が無駄にかっこいい






本日の数値
 体重【78.4】kg
 体脂肪率【21.1】%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CCPツインテール

P1570474CCPの1/6特撮シリーズ Vol.027「古代怪獣ツインテール ハイグレード初期登場Ver.」ですよ

この躍動感のある造型ときたら!





P1570465口の中のスイッチを押すと両目が発光しますよ





P1570480目は蓄光素材でできているので、消灯後も微妙に光ってます





P1570459消灯状態

これはこれで、MATにより両目を潰された劇中の状態っぽくて悪くない




ステキなうねりっぷり
P1570495P1570507







正面と裏面
P1570522P1570504







P1570534この緑の部分は、CCPおなじみの、衝撃で光るタイプのLEDで発光しますのよ







しっぽの生物感がちょっときめえ!
でも、そこがいい!!
P1570558P1570564







P1570540足の裏

中の人などいないというのに




P1570570口の中にはベロ

ちなみに、下顎は軟質素材でできてます





P1570580口の両脇の埃巻き上げ用のノズル?も忠実に再現





P1570677ツインテールと言えば、この人を忘れちゃいけません








P1570693ツインテールA が あらわれた

ツインテールA は なかまをよんだ






P1570681ツインテールB が あらわれた








P1570687ツインテールC が あらわれた

(lll゚Д゚)ヒィィィィ









P1570708左から順に、マーミットのウルトラ怪獣烈伝、CCP、ビリケン商会 彩色済版







P1570635左から順に、ビリケン、マーミット、CCP

マーミット きめえ!





P1570651手前から順に、マーミット、ビリケン、CCP

マーミットのポーズが一番ひねりがないな






P1570585コンセプト的に近いビリケン版と比較してみる

中の人の方向で違いが出るらしい







P1570630CCPの方がきっちり墨入れされてるね






個人的には、どっちかって言うとCCPのツインテールの方がメリハリが効いてて好きかな?


気になる点といえば、目と上部の緑部分とで発光用のスイッチを分ける必要があったのかな?ってことと、口の中の点灯スイッチが押し辛いってこと

私的には、「目だけ」もしくは「緑部分だけ」光らせる必要は感じなくて、発光させるなら両方とも光らせたいんですよ

また、口の中のスイッチを押す際に、軟質パーツの下顎が口から外れちゃうことが多々ありましたよ
いっそのこと、底部に切り欠きを作って、スイッチを移動させたいぐらい

とは言いながら、満足度は非常に高い


2009年の5月にCCP代表の延藤氏のブログで、この躍動感のある造型を初めてみた時から購入を決めていたわけですが、それから発売されるまでの永かったこと

正直言って怪獣ソフビとしては少々お値段が張る(ビリケン版の約2倍!)んだけど、躍動感のあるツインテールということで、いまどきファルシオンのガレキを入手してフィニッシャーに仕上げてもらって、更に電飾加工までしてらうことを考えたら、とてもこんな値段に収まらないもんね

ツインテールフェチな人にはマジでお勧め


本日の数値
 体重【78.0】kg
 体脂肪率【21.8】%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »