« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

男は建機(その2)

P1450968シンセイのUFOコマンダー7 パワークレーンガーですよ



P1450977ただのクレーンじゃなくて、クレーンガー

「ガー」って何だ?って感じですが、語尾に付けると強そうになる魔法の呪文みたいなもんだと思っとけば間違いない感じですね
「魔神」でなくて「マジンガー」みたいな

「ストロング」じゃなくて「ストロンガー」・・・て、これは比較級?

P1460014とにかく、パワーを感じさせてくれていいですね、ガー

シュワルツェネッガーとか

しかも、頭には「パワー」!
そりゃ、強いな

P1460002で、このパワークレーンガーも、ジークトンネルンと同様に電子頭脳を搭載した、れっきとしたロボット

最もデリケートで重要なパーツを一番目立つところに配置しているところに自信がうかがえます

P1450996大型ミサイル発射可能なミサイルランチャーを2門装備

しかも、このミサイルの名前が「スーパーキングミサイル」
こういうところが、「ガー」ですな

P1460008このあたりのごちゃっと感がたまらなくカッコよくないですか?



P1450979この角度も好き



P1460016ジウジアーロデザインとか言われても信じちゃうよね?





P1460019うれしいカラーマンガは第8話



P1460024



P1460025裏には親切なあそび方



P1460039「ストロングブーム」,「スーパーキングミサイル」,「ハイパワー光子力エンジン」,「オールグランドキャタピラー」・・・いちいちカッコイイぞ!

さすが「ガー」!



本日の数値
 体重【78.2】kg
 体脂肪率【22.4】%

このところ、体重も体脂肪もガーだ!(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

虎洞に何があった?

太麺に、こってり&魚系スープの組み合わせが絶妙で、個人的には、ラーメン激戦区の吉祥寺でベスト3に入ると評価していた「麺屋武蔵 虎洞」ですが、今日入ったら

太麺+大盛もやし+塩辛いだけのスープ

・・・ラーメン二郎化してましたよ なんてこったい!

この店に通うようになってから初めてスープ残したわけですが、何があったんだー!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

男は建機

P1410790シンセイのUFOコマンダー7 ジークトンネルン

穴掘り=円錐形のドリル」ではなく、シールドマシンをチョイスするあたり、マニアックなこだわりが感じられます
ちなみに、シールドマシンってのは、シールド工法というトンネルの施工方法に使用される建機です

いかにも建機な見かけですが、ただの建機ではありません
電子頭脳をそなえた自律形ロボットですよ

P1410805上下動可能なアーム上に配置されているのが、その電子頭脳
透明パーツが黄ばんじゃってるのが、ちょっぴり残念

電子頭脳を上下動させるアームにはついているシリンダーがそれっぽくて素敵


P1410780コロ走行させると、連動してロックドリルが回転します

円錐形のドリルもいいけど、こいつもなかなか!
ご飯3杯は軽くいけるね

P1410831こんな状態で地中を進むはずなんだけど、ボディがロックドリルよりはみ出してってるのは、ちょっとマズイと思うんだ(笑)

絶対にひっかかるからww


P1410799後ろ側にはついてるのは排土システムらしい

あんまり役に立ちそうにない気がするけどw、排土システムについて考慮されてるっていうだけでもたいしたもんだと思います。

  「建設ロボットなのに『巨大なミサイルを2本装備』している」

って言うとアナーキーに感じられるのに、

  「巨大なミサイルを2本装備しているけど、実は『建設ロボット』

って言われると、奥ゆかしく感じられる不思議

P1410850




P1410844裏側は、「ジークトンネルンのあそび方」

昔のオモチャは親切だねえ

P1410856おまけのカラーマンガ



P1410858建設ロボットの分際で、カナダ人の金髪美少女(14歳)にダイヤモンドをプレゼントして告白しちゃうという、ちゃっかりロリっぷり

アグネスが来るぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟カツ丼 タレカツ

Iphone_066_2甘辛い醤油だれにくぐらせた薄手の歯ごたえのあるカツが
(゚д゚)ウマー
二段もりカツ丼なので、ごはんの中にもう二枚埋もれてるんだぜ!

こういうのを食べるときは、カロリーのことなんて気にしちゃいけません


酒も旨くて魚も旨くて、カツ丼がこんなのって、新潟 いいなあ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »