« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

マーミット ペガッサ星人

P1360834マーミットのリアルソフビモデル ペガッサ星人(完成品)が届きましたよ

当初は2008年9月発送予定だったので、ほぼ1ヶ月遅れて発送されたわけですが、待たされた分、感激もひとしお



P1360760劇中、それほど強かった印象はないわりに、ウルトラセブンを代表する宇宙人のひとつと言っていいぐらい印象に残ってるのは、このインパクトありまくりのデザインのせいだと思う




P1360814鏡台に向かうアンヌ隊員の後ろでビビらそうとしている御馴染みのポーズじゃないところが、ポイント高し






P1360845それにしても、この顔がたまらん






P1360891この目!

表面の質感の表現が、これまたものスゴイすな


P1360772胸部の塗装もいい感じ

ブツブツがちょっぴりキモい(笑)
クリア素材だったらもっとよかったのにね

白いところは、実はパールがかってるんだぜ


P1360805背面

吹き出物のようなポチポチがちょっとイヤ(笑)


P1360799

ミサイルマイトは出ないです、念のため


P1360858横から

正面から見るのと、大分イメージが違うのね





P1360854意外と厚みがありますな

っつーか、誰?(笑)





P1360861後頭部

これは!ちょっと・・・(笑)





P1360877手足と頭部はつや消しに塗装されてるんだけど、腰周りは光沢のある塗装で塗り分けられてますよ

脚の両サイドのポチポチだってしっかり塗り分けられてます




P13608281拘りの銃

なんと金属製!
銃身の縦と横につく板状のパーツの先の細い針金状の突起を再現するために金属製になったらしい! スゲー

P1360775この銃を構えた力みのない自然なポーズが・・・

って、ん?





P1360779じ、銃口!(泣)

これって、こんな仕様ってことはないよね?
まさか、私のだけ?
マーミットに聞いてみた方がいいんだろうか?


このペガッサ星人

当初、資金難のためスルーするつもりでしたが、原型製作された浅川さんのブログを読んだら拘ってる感がヒシヒシと伝わってきて、結局、スルーできなくなってしまいました(笑)

銃口だけちょっぴり残念だけど概ね満足
いや、最高に満足!

P1360792マイコレクションの殿堂入り決定!
ヽ(´Д`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アークロン キングジョー

Arkkingjoesimplestandfrontアーク合金のキングジョーですよ






Arkkingjoesimplestand_3ぶっ飛んだアレンジとギミックで評判(誰に?)のアークロンですが、第1弾のキングジョーは、多少のアレンジは効いてるものの、オリジナルにかなり近い雰囲気

角度によっては、カッコよく見えなくもない


Arkkingjoechestmisile胸がガバッと開いてミサイル発射可







Arkkingjoechestmisileup劇中では、弱っちいセブンなんぞタコ殴りで片付けちゃったので、装備していながらも未使用に終わったという、知る人ぞ知る幻の装備 チガウwww!

つぶらな瞳がたまらんです ハァハァ(*´Д`*)

耳のアンテナも伸縮可能
伸びた状態は、ちょっぴり長くつしたのピッピ風(スマン 古すぎ)

Arkkingjoebosfront
箱(正面)






Arkkingjoeboxback箱(裏面)






Arkkingjoeboxside1箱(側面1)






Arkkingjoeside2箱(側面2)

特許出願って、何の?





Arkkingjoeinner箱の中は、こんな感じ

タイヤの他、意味不明な付属品が満載(笑)
このあたりの無駄に旺盛なサービス精神に、玩具メーカとしての良心が垣間見えたりして ステキ

箱絵にもあるようにイロイロと組み替えて遊べるけど、なにしろ古いもので経年劣化も怖いので、箱の裏絵にあるようなアクロバチックな組み替えはガマン

Arkkingjoehandとりあえず、ドリルとおぼしきものだけ手に持たせてみる

遊んでるようにしか見えねーwww





Arkkingjoewhatこんな中空の四角柱が2本も入ってたけど、ナニ?







Arkkingjoebackai後ろ姿には「そこはかとない哀愁」を装備・・・カワイスwww!!







Arkkingjoeback1でも、ミサイルを背負えば、あら不思議

ちゃんとキングジョーっぽく見える!
ヽ(*´Д‘)ノ




Arkkingjoewithultimetあまりのプリティっぷりに、後輩(アルティメットモンスターズ)がアドバイス

「こうやって手をガーってやると強そうに見えるっすよ 先輩」

「こ、こう?」

何やらせても、ラブリー!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブルマァク ザザーン

P1360236数あるレトロソフビの中で、個人的に一番インパクトがあるのではないかと思うのが、このブルマァクのザザーン





Vlcsnap186226劇中での映像がせいぜいこれぐらいの地味なヤラレキャラを


P1360131ここまで素敵に造詣したデザインセンスがすごいすな






P1360225なんで、こんな帽子?(笑)



P1360182しかも、なんでこんなふてぶてしい顔?(笑)






P1360215側面 その1






P1360218側面 その2

こっち側は、なぜか塗装控えめ(笑)







P1360146後ろ姿

ビミョウな傾き具合がプリティ






P1360161よっ!







P1360209しかも、体のヒダヒダと干渉するので、左手はここまでしか上がらないビミョウっぷり(笑)






P1360206ポーズ

小さいこいつらは、ブルマァク魂
ブルマァク魂はもう出ないのかなあ・・・




私が持っているのは、当時のオリジナル品ではなくて、B-CLUBから発売された復刻版なんですが、蓄光版もぜひ復刻してほしいすなあ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

邪神系

P1320503BLObPUS(ブロッパス)のDIABLO[ ILANENA GID ]

TTF(Taipei Toy Festival;台北トイフェス)2008で先行発売された後、国内で発売されたもの



P1320499ホビー誌だったかネットでだったかは忘れちゃったんだけど、初めてこのDIABLOの造形を見て、その触手状の口と背中の小さな羽&タコの頭部・・・に、
「どう見てもクトゥルーじゃん!」
と、物欲メータ振り切れまくり!

ところが、その後、実際に発売されたDIABLOは、黒一色だったり赤色だったりピンクだったりクリアオレンジだったり・・・

邪神系なら、そこは緑系でしょ!?

あまりにもわかってない色展開っぷりに、
「BLObPUSってわかってない!」
と、妙に高いところから目線で、見極めをつけかけた頃に発表されたのが、このILANENA氏により彩色されたILANENA GIDバージョン

こいつは、ダークな色合いが、いい感じで邪神系、っつーかどことなくH.R.ギーガー系

P1320512P1320491






P1320486P1320494






P1320500触手状の口






P1320518回転させると、イーってなります






P1320523「イー」って!

雰囲気がビミョウに変わって、ちょっと得した気がしたりしなかったり



このイラネナDIABLO
なかなか雰囲気があっていいんだけど、造形的に残念なところがいくつか

P1320548先ずは、1・2の三四郎 リスペクトな脚部

おかげで三流覆面レスラーにしか見えなかったりするのはいかがなものかと思うわけですよ




P1320506後、カッコイイわけでもなく、強そうなわけでもない右手






P1320483この右手、正直言って、何がやりたいんだかさっぱりわからんビミョウっぷり(笑)



P1320738何がやりたいのかわからないけど、実は、この手、外せたりする



P1320721なんだろう?このミミズのような、ストローの包み紙のような妙な模様は(笑)


P1320712で、反対側の手も、よく見るとムッチムチの7本指

これまたビミョウな・・・(笑)
そこは、鋭い爪があるべきなのではなかろうか?(笑)

P1320724マイタケ・・・・?



せっかくの蓄光(GID)素材なので、光らせてみる

P1320539P1320536P1320551







塗装部分が多いので、ボディ部分は思ったほど光んないね


恥ずかしながら、今回、初めてILANENA氏の存在を知ったわけですが、ご自身のサイトBBSに、
DIABLOはクトゥルーっぽい彩色にしてみました。
と自ら書き込まれているのを見ると、なかなかよくわかってる人っぽい
「空気が読める」ってのは大切だよね

どことなく、ギーガーテイストな色合いが、邪神系のデザインに非常にマッチして、かくして、私の物欲は、無事、満たされたのでありました

このDIABLOの頭部だけ流用して、オリジナルのクトゥルーフィギュアを作ってみたいぞ


このBLObPUSからは、同じくクトゥルー神話の「深海の大司祭ダゴン」の名を有するANDAGONという、チョウチンアンコウをモチーフとしたキャラがされていますが、正直言って、こっちはちょっぴりビミョウな感じ

ILANENAカラーが出たら、ちょっと考えよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CCPヘドラ(水銀Ver)

P1310324マルイワン限定 CCPヘドラ上陸期(水銀Ver)

以前出た、ヘドラ上陸期のいわゆるカラバリ品

2008/06/27(金) の午前11時にマルイワンのサイトで受注開始されたわけですが、当日は、午前中に出張が入っちゃったので入手はほぼ諦めてました
昼過ぎに出先から戻って、試しにアクセスしてみたらアクセス過多でサーバが止まっているのを見たときには、物欲の神様(多分、貧乏神)にそっと背中を押された気がしましたよ

その後、デスクワークしながらチョコチョコ覗いているうちに、夕方、サーバが復旧し、意外とあっけなく買えちゃったわけですが、延藤氏のブログの騒動を見るにつけ、私の場合はラッキーだったとしか言いようがありません

それにしても、MARUIONEってば、普段、どれだけのトランザクションがあるのか知らないけど、今後もマニア向けの限定商品を扱うつもりなら、もう少しインフラにお金かけた方がいいと思うぞ

P1310308表面の凹凸が細かく且つ多いので、もうキラッキラに輝いてます。







P1310311パープルな目とシルバーの組み合わせが最高にcool!








P1310284背面も

キラッキラ






P1310302側面も

キラッキラ

造形的に液体金属らしさ満点すな




P1310317裏側だからって手は抜いてないぜ!




P1310358付属の煙突はくすんだメタリックな赤
コーポレートカラーだそうな

maruione.jp! (藁)





P1310266試しに煙突を咥えさせてみると、メッキの輝きを目立たせるため、あえて煙突の赤をくすんだ感じにさせた気がしますよ

やるな~





P1310369先達のヘドラ上陸期(レトロカラーVer.)と並べてみると、メッキ版のは口が「への字」になってるようでちょっとかわいい(笑)




P1310405造形的には同一のはずなのに違って見える不思議

残念ながら、今回のメッキ版には発光ギミックはなし

まあ、たとえ発光ギミックが付いていたとしても、せっかくのメッキに傷つくのが怖いので、そうポンポン叩く気にはなれないけどな(笑)

P1310446スーハースーハー
「んまい? ちょっと吸わせて?」
「だめ」
「けち・・・」


P1310450唯一残念だったのが、後頭部のメッキに一部、表面に粗いところ(ブツブツ)が・・・

歩留まりを上げるために検品の閾値を下げたのかもしれません
まあ、これぐらいはしょうがないのかもね




後から、発売当日の2ちゃんねるのCCPスレを覗いてみたら、

>277 名前:ぼくらはトイ名無しキッズ[sage] 投稿日:2008/06/27(金) 11:14:21 ID:eZvTPWEPO
>水銀もう売り切れかよ…
>
>278 名前:ぼくらはトイ名無しキッズ[sage] 投稿日:2008/06/27(金) 11:17:54 ID:5JKFpQ3R0
>サイトにすら入れなかったのに売り切れかよお
>
>279 名前:ぼくらはトイ名無しキッズ[sage] 投稿日:2008/06/27(金) 11:22:40 ID:9adRBqIZO
>うわ、最悪
>糞サーバーにも程がある
>
>280 名前:ぼくらはトイ名無しキッズ[sage] 投稿日:2008/06/27(金) 11:26:12 ID:eB3x2hLH0
>売り切れ確認

「売り切れ確認」て、その時間、まだサーバ止まってたってば!
マニアってのは、ホントえげつないなあ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BLObPUS ドクガンDX [Emerald Blood]

P1340894基本的に、パチ怪獣とかオリジナル怪獣には興味はないんですが、たまに、こちらのツボのど真ん中をついてくるものがあったりするので侮れません

このBLObPUSのドクガンDX[Emerald Blood]も、そんな私のツボにぐっさりとつき刺さってきたひとつ



P1340921クリアなボディに下半身だけクリアグリーンな配色が涼しげ

しかも、蛍光グリーンと黒のマーブル成形仕様の内臓パーツが入って二重成形という凝りよう

この美しさがたまらんわけです



P1350244グリーンのドールアイがいい感じ







P1340915マーブル模様の内臓パーツ

スイカっぽさが夏っぽい





P1340904頭部だってマーブル模様







P1340895側面

真夏の盛りには、ビミョウに前かがみになってましたが、涼しくなってきたから、もう大丈夫(笑)




P1350217背面







P1350222後背筋あたりの濃いグリーンのシワシワ具合が、心持ち、ちょいグロ気味






P1350241このクリアなソフビの美しさは、黄ばんじゃったら台無しになっちゃいそうなので、直射日光にはくれぐれも御用心





基本、押入れにしまっておいて、観たいときだけ引っぱり出して堪能するのがいいのかもしれません
でも、そうすると、かなりの高確率でそのまま忘れられちゃうんだけどね(泣)


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »