Acro にせウルトラマン

久しぶりのブログ更新は、AcroのKRS×NIRASAWA にせウルトラマンですよ

01img_8439
異常に手が長いことによるアンバランス感がたまりません

 

腹筋キレッキレの細マッチョです
キレてる!キレてる!

03img_8434

 

少し腰を落としたポーズがふてぶてしい感じを醸し出しているのです

02img_8395_20211114000601


顔を正面から見ると幅広でのっぺり
04img_8463

「顔幅 = 肩幅」なザラブ星人の名残でしょうか?

 

しかし、この顔も横や斜めから見るとカッコイイのです

07img_8479

 

最初に見たときに「目つりすぎだろ」と思いましたが、見慣れるとコレはコレでアリですよ

むしろ、オリジナルのニセウルトラマン(変な表現)より強そうに見えます

1img_9834 

 

やたら凝ったデザインのカラータイマーまわり
ここだけ、タイ製のオリジナルウルトラマンって言われたら信じちゃうよね

08img_8481

 

そして、このNIRASAWA にせウルトラマンの最大のポイント
背中

09img_8365

 

自身からは見えない背中の、やたら生々しい異物感あふれるテクスチャがニセ感の演出に貢献しているのです

10img_8383

 

生々しいというより、禍々しいといった方がいいのかもしれません

蛍光グリーンっぽい見えちゃいけないヤバイものものが見えちゃってる感じがたまらないのです

09img_8365
怖いよね

 

指が妙に長くて禍々しい感じ

どう見ても悪者の手

15img_8419

 

腕も裏側はテクスチャが違いますよ

14img_8386

 

左腕の裏側は右腕と違ってトゲトゲ

16img_8389

 

指に至るトゲトゲ

17img_8487

 

全身のシルバー部分が六角形の網目状
しかし、不思議なことに網タイツ感はありませんよ

19img_8374

 

おなじみのトンガリ靴にもびっしりと鱗のような網目が

18img_8422

 

この「KRS×NIRASAWA 」シリーズ
「故・韮沢靖氏が生前描きおこしたREMIXデザインを基に、韮沢氏と古くから親交があった竹谷隆之氏を中心に有志が集い製品化する企画」だそうですが、次はどの怪獣や星人がREMIXされるのかとACRO のサイトへ行ってみたら、ニセウルトラマンのページに、

『「KRS×NIRASAWA 」シリーズ最終章となる本作品』

との一文が!
マジか・・・

20img_8398

| | コメント (0)

CITIZEN Promaster Aqualand Depth Meter

シチズンのプロマスター アクアランド デプスメーター(BN2029-01E)ですよ

Img_51551_20210320202801

水深針やら最大水深針がついているのでやたらメカメカしいのです。

「機能性つきつめたらカッコいいのができました」

って感じがたまらんのですよ。


シチズンのサイトには

「5本の針が重なっても視認性を確保する、シチズン独自のデザインとしました。」

って書いてありますよ
確かに時針と分針が中抜きになっているので、重なっても下の針が読めるようになっています。

しかし、そのおかげで時計としての視認性はお世辞にも良いとは言えないのでございます
水深を示すの水色の針が目立つので、ちょいちょい15分と誤認します。

でもかっこいいからいいんです
正確な時間が知りたかったらスマホ見たらいいんですよ(おい!)

 

夜光塗料も美しいんでございます

Batch_img_5230

 

ガチのダイバーズウォッチなのでウレタンベルトがついているわけなんですが、このベルトがゴワゴワしていて脱着が超絶にやりにくい。

日常使いにするにはあまりにも使いにくいので、メタルベルトに交換したいところだけど、実はそのままでは市販のベルトはつけられないという残念仕様


しょうがないので、香港のSUPPAPARTSというサイトから専用のアダプターパーツを取り寄せますよ

Batch_img_5183

 

これを

Img_5187

 

こうして

Img_5188

 

こうじゃ

Batch_img_5196

 

メタルブレスを買うてきて

Img_5302

完成!

Batch_img_5222

かっこいい!

文字盤が深くて零士メーターみたいな奥行き感がポイント高し

 

・・・と、このように香港からパーツを取り寄せてまでメタルブレスに交換したわけですが、時計本体が重すぎて、緩めのメタルブレスではどうにもバランスが悪いというか収まりが悪いというか・・・
なるほど、こりゃあメーカーが純正でメタルブレス付きを出さないわけですよ

 

だって、ツナ缶の倍ぐらい厚みがあるからね

Batch_img_5278

 

ということで、NATOベルトを買うてきて

Batch_img_5304_20210320203601

 

こうじゃ

Batch_img_5313

よきかなよきかな

Batch_img_5339

 

NATOベルトはアーミーグリーンもよく合いますよ

Batch_img_5201


ちなみに、このデプスメーター
酸素ボンベみたいなケースに入ってきました

Batch_img_7408

 

ちゃんとパーツがメッキされていて、結構、本気で作ってある気がしますよ。

ダイビングは大昔にやったっきりなので、再現性がどれぐらいのものなのかわかりませんが、せっかくメッキかけるならもうちょっとパーティングラインの処理をした方がいいのではないかと思ったり思わなかったり

Batch_img_7414

 

このボンベ、使いみちが今ひとつわかりませんが、とりあえずエガちゃんとの親和性は悪くない模様

Batch_img_7426

 

そういえば、このデプスメーター

エヴァコラボモデルもあるようなので、気になる人はぜひ

 

| | コメント (0)

手ぬぐい スターウォーズ

スターウォーズ 手ぬぐい もう一枚

ヴィレッジヴァンガードのネットショップで購入

これも、
日常使い用と飾る用と保存用の3枚いっときましょう
Img2928

| | コメント (0)

手ぬぐい スターウォーズ

先日LOFTで買ったスターウォーズ手ぬぐいが思いがけず良かったのでアップしときますよ

富士山がめでたい感じでこれからお正月にかけてよきかな

日常使い用と飾る用と保存用の3枚いっときましょうImg_2926

| | コメント (0)

メディコム ジンクロンガイガン

Img_5898  

 メディコムのヴィンテージソフビシリーズ  ジンクロンガイガンですよ。
2019年夏のワンフェスでゲリラ的に発売されたっぽいものです。

怪獣ソフビから足を洗ったつもりでしたが、ジンクロンのガイガンをソフビ化と聞いては放ってはおけません。

 

まずはジンクロンと並べてみるのです。

Img_6018_20190913124901

パッと見、色味が違うのは、ジンクロンの方が緑青をふいていたりと経年劣化してるからなんでしょう。
ソフビの方はシャンパンゴールドのような明るい色です。
もしかしたら、ジンクロンも最初はこんなきれいな色だったのかもしれません。

いずれにしても、ゴールドとメタリックグリーンのコンビネーションが美しいのでございます。

 

2連回転ノコギリがなかなかシャープに造形されていますよ
Img_5901_20190913124901  

ある意味、玩具がオリジナルを超えたと言っても過言ではないぐらい、このジンクロンの2連回転ノコギリはカッコイイのです。

 

腕や脚のジンクロンっぽいモールド。

Img_5946_20190913125001  

ジンクロンの腕の伸縮ギミックや背面の回転ノコギリ脱着ギミックなんかは当然のごとく省略されており、これらのギミックのための操作レバーなんかも省略されているのですが、ソフビの背びれだけ、本来、操作レバーがある位置をわざわざ切り欠いているというこだわりっぷり。

Img_5883_20190913125001

そこまでこだわっておきながら解せぬのが、このお顔。
なぜ、ジンクロンガイガンのようにセパレートの2つ目にしないかな?

 

まあ、モノアイかっこいいからいいんですけど。

Img_5904_20190913125001

可動はこんな感じ
Img_5937_20190913125001

手首と足首が別パーツになっているので、その分、怪獣ソフビにしては可動箇所は多いです。

 

口の両端のキバもジンクロンと同様に独立して可動しますよ。

Img_5907_20190913125001

 

久しぶりの怪獣ソフビに大満足なのでございます。

Img_5870_20190913125101

 

 

| | コメント (0)

走るボールペン・ハトカー

鳩サブレーでおなじみ豊島屋限定グッズ「走るボールペン・ハトカー」ですよ
鎌倉にある本店でしか買えないらしいです

Img_20190603_142304

最初はふーんてなもんでしたが、ウラを見たら「ボディ:亜鉛合金」の文字!
「亜鉛合金製」とか「ダイキャスト製」とか「超合金」とかいう文字にてんで弱いお年頃なので即買い決定

Img_20190603_142324

ボールペンのヘッドにハトカー
プリティ!

Img_20190603_184446

鎌倉810(ハト)のナンバープレート
なかなかに芸コマ

Img_20190603_184459

しかも、ハンドルはゴム製で、ボールペンのノック操作に影響を与えないようになっているという心配り

 

ヘッドパーツのハトカーは取り外せるようになっていますよ

Img_20190603_184529 

ハトカー
プルバックで走る走る

Img_20190603_184552

このボールペン

かわいいし遊べるし書き味も悪くないんだけど、ダイキャストのヘッドパーツが重くてバランスが悪いので書きにくいのが唯一の難点(ダメじゃん)

| | コメント (0)

ねんがんのじゃしんぞうをてにいれたぞ

BOWEN DESIGN STEPEN HICKMAN'S CTHULFU STATUE
ボウエン デザイン製 ステファン・ヒックマン氏によるクトゥルフ像ですよ

Img_5199

クトゥルフ(Cthulhu)とは、ハワード・フィリップス・ラヴクラフトの小説『クトゥルフの呼び声』(The Call of Cthulhu、1926年)に出てくる邪神様であらせられまする。

この像の存在を知ったのが2007年で、それから12年、探していたことを忘れるくらいの時間を経てついに入手できたのでございます(単に、長い間忘れてたともいう)。

Img_5333_2

原作に表現されている「タコに似た頭部、頭足類のような触腕を無数に生やした顔、巨大な鉤爪のある手足、水かきを備えた二足歩行の姿、ぬらぬらした鱗かゴム状の瘤に覆われた数百メートルもある山のように大きな身体、背にはドラゴンのようなコウモリに似た細い翼を持った姿」からこの像をデザインするステファン・ヒックマン氏って天才だと思います。

 

ちなみに、原作者のラヴクラフトが描いたクトゥルフ像がこれ
ちょっとかわいい

Cthulhu_sketch_by_lovecraft

 

Img_5213

 

Img_5189

 

後ろ

Img_5300

 

タコに似た頭部
タコっぽくもオウム貝っぽくもありますよ

Img_5316

 

頭足類のような触腕を生やした顔
触腕を無数に生やしていないところが、この像のアレンジの妙と言えましょう

Img_5256_1

 

巨大な鉤爪のある手

Img_5345

 

巨大な鉤爪のある足

Img_5349

 

ドラゴンのようなコウモリに似た細い翼(その1)

Img_5313

 

ドラゴンのようなコウモリに似た細い翼(その2)

Img_5234

 

親近感のわく、ぽっちゃりとしたおなか

Img_5271

 

おでこにある、ジェットジャガーの口的なにか

Img_5361

 

ちなみにこれがジェットジャガー

Img_20181221_155934

 

台座

Img_5351

 

台座の裏にはシリアルナンバー

Img_5363

限定1500体らしい

 

Img_5441

 

Img_5445

 

SCULPTORS(スカルプターズ)01の表紙にはディテールにこだわりまくった大山竜氏のクトゥルフ像が載っていますが、ステファン・ヒックマン氏のクトゥルフ像は、この大山氏のクトゥルフ像とアプローチが180度違ってて面白い

91alw1wutgl

なお、この邪神像が届いてから、頻発する怪奇現象に悩まされたり、毎夜の悪夢にうなされたりするお約束もなく、快眠快便な毎日を過ごしていることをであることをちょっと報告しておきます。

| | コメント (0)

USN BUSHIPS

Img_5412

1940年代~50年代にアメリカ海軍特殊部隊、水中破壊工作部隊(UDT:Underwater Demolition Team)が使用した特殊防水時計ですよ。

ちうても、そのレプリカですけけれど


UDTについては、ダイバーズウオッチ―防水の力という本に説明がありました
Img_20190303_143302


文字盤にはUSN BUSHIPSとあります
「BUSHIPS」とは「 United States Navy's Bureau of Ships:米海軍 艦艇局」の意味らしいですよ。
かっこいいね。

Img_20190302_013908

文字盤の12時の下には文字盤と同色でHAMILTONの隠し文字


ケースはエルジン社製軍用防水時計、USN BUSHIPS Canteen Watch復刻版ケース
だそうです。
オリジナルから図面を起こし、腐食や摩耗に弱いオリジナルケースをステンレスで再現したんだとか。


裏蓋にはUSN BUSHIPSの打刻
Usn_buships_25

ビッグキャップと中の竜頭パイプにパッキンを使用し、防水性を高めているらしい。

Img_20190305_062330

ネジを巻いたり、時刻合わせをするたびに竜頭のキャップを外さないといけないのが面倒だけど、これがこの時計のキモだからしょうがないよね


このレプリカ版の防水性能は3気圧(atm)防水らしい
日常生活防水ってとこですね
まあ、こわいので絶対に水にはつけませんけど

ムーブメントは40'S~50'Sのオリジナル。
第二次大戦ハミルトン海軍艦艇局ムーブメントだそうで、ハミルトン社製17石 グレード987A
とのこと

Usn_buships_1

なんか思いっきり手書きでHAMILTONて書いてあって、本物のHAMILTONのムーブメントと信じていいのかよくわかりません

まあ、こういうのは細かいことを気にしちゃだめ
手巻きなので、ネジを巻く際に時間合わせすればいいんだから、1日に何分もズレなきゃいいんすよ
とりあえず1週間で1~2分進む程度の精度は出ているのでよしとしておきます。


分厚い4ミリ厚のガラス製風防がレトロ感を醸し出していい感じ


Img_5415

ということで、またNATOストラップの似たような時計が増えました
。・゚・(ノД`)・゚・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

SEIKO ORANGE SAMURAI

セイコー Prospex SamuraiModel : srpc07

Img_20190110_204224001

サムライのニックネームは、スパッとエッジが効いたデザインを評して外国のコレクターが呼び始めたとかなんとか

US Amazon限定で発売されたらしいですが、そのUS Amazonで半額ぐらいでたたき売られているのはありがたいんだけど、ちょっとさびしい気がしますよ

うちにあるもう一つのSamuraiと
Img_20190119_144444001

加齢臭の気になるお年頃ではありますが、香り系は苦手なのでこっちのSamuraiは未使用のままいつまでも熟成を重ねているのでございます

このオレンジサムライ
このまま使ってもいいんですが、今回は、NATOストラップを組み合わせますよ
Img_20190121_113408001



NATOストラップは、ネットで評判のよいZULUDIVERの22mmをぽちっとな
Img_20190121_113226001



組み合わせるとこんな感じ
Img_20190121_114255001


NATOストラップに意外と腰があるので、重いダイバーズウォッチだけど安定していますよ

そして、物欲のおもむくまま適当に買い物をしていると、気がつくと似たようなものばっかり持ってたりする、オジサンあるある

Img_20190122_065721001


| | コメント (0) | トラックバック (0)

figma エイリアン 竹谷隆之アレンジver.

Img_20190125_235430figmaの竹谷チャップですよ

Img_5071竹谷氏のエイリアンとくれば、個人的にはフューチャーモデルズのおどろおどろしいエイリアンのイメージが強いわけですが、これは思っていたよりアレンジ少な目?

でもかっこいい

Img_5117インナーマウスギミックもあるよ

Img_5096美しい頭部

Img_5089ただの素立ちの後ろ姿にも雰囲気があるんですよ

Img_20190125_235143この細い尻尾、好き

Img_20190125_235009おなじみのポーズもばっちり

Img_20190127_172326ところで、箱絵のこのポーズ

Img_5176やっぱり、エイリアンパイルを意識してるんでしょうか?


この竹谷チャップを使ったミニサイズのエイリアンパイル、欲しいです

Img_20190126_000015でも、「竹谷隆之アレンジ」を謳うのであれば、頭部はこれぐらいアレンジされていてもいいのにと思いました

可動するビッグチャップとしては、今までリボチャップが一番だと思っていましたが、この竹谷チャップはリボチャップを超えたと思うわけです

Img_20190127_172248しばらくは、モニタ横の特等席にこの状態で飾っておく所存

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«BEAMS別注 セイコー ダイバーズフォント スクエア